飲む日焼け止めについて

紫外線対策に飲む日焼け止めが効果的な理由とは?

年中降り注ぐ紫外線に対して、どんな対策をすべきかお困りではないですか?紫外線対策は一年中必要だと頭で分かっていても、1日も欠かさず対策をすることは難しいというのが本音でしょう。

紫外線を予防するために長袖の服を着用しても、容赦なく服の中に侵入してきます。また、日焼け止めを普段から利用する人でも、あらゆる角度から降り注ぐ紫外線を完全に予防することはできないでしょう。服の中や目から侵入する紫外線の対策を怠ると、間違いなく光老化による進行スピードが早まります。光老化のスピードを少しでも抑え、肌老化を防ぎたいというのなら飲む日焼け止め対策を始めることをお勧めします。今回は、肌老化を防いでくれる飲む日焼け止めが紫外線対策に効果的である理由をご説明します。

 

紫外線対策がなぜ必要か?

最近の研究で、肌老化の原因の80%が紫外線の影響による光老化だということが分かってきました。毎日のように降り注ぐ紫外線が、それだけ肌の細胞にダメージを与えてしまうということです。

紫外線による人体の悪影響は様々ですが、特にダメージを受けやすいのは「目」や「肌」です。それでは、紫外線を浴びることで、どのような健康被害があるのか説明します。

紫外線による目へのダメージ

強い日差しの中、出歩いた後、「太陽が眩しかったので目がしんどいな。」と感じたことはないでしょうか。日焼け止めを塗っておけば、肌への紫外線をある程度予防できても、目に関しては何も予防できていません。サングラスをかけることで、目からの紫外線を予防することができるものの、サングラスに覆われていないところから目に侵入し、結果的に紫外線によるダメージを少なからず受けてしまします。

目へのダメージとして、水晶体に濁りが発生し失明を引き起こしてしまう白内障を発症することが考えられます。実際に、白内障の発症数や進行度に関しては、居住する地域によって大きく違うことが疫学調査で分かっています。

紫外線による肌へのダメージ

紫外線を長時間浴びると、シミやシワ、日焼け、そばかす、たるみ、皮膚がんなどの症状が起きやすくなります。紫外線を気にするあなたなら、どれも聞いたことがある症状ばかりでしょう。特に気をつけなければいけないのが皮膚がんで、基底(きてい)細胞がんと有棘(ゆうきょく)細胞がんは、首や頭といった比較的日光を浴びやすい場所にできるため紫外線予防が欠かせません。

紫外線が発症原因とされる皮膚癌

強い紫外線を浴びると皮膚癌を発症してしまう確率が高くなります。紫外線対策をしないことで、下記のような皮膚癌が発症しやすくなります。

悪性黒色腫

皮膚癌の中でも悪性黒色腫の患者は、8.6%と一番少ないものの、早期に転移することに加えてこれから紹介する癌の中でも最も悪性が高いことが特徴です。特に白人に多い病気とされていて、紫外線が強く降り注ぐ地域ほど、この病気を発症しやすく日本人は足裏に悪性黒色腫ができやすいことでも知られています。

基底細胞癌

あらゆる皮膚癌の中でも基底細胞癌は、31.5%と最も発症率が高く50歳代が顔面に発症しやすい癌として知られています。見た目自体は、黒い腫瘍といった感じで、進行すると潰瘍に変化していきます。紫外線が当たりづらい場所にできることもありますが、紫外線と無関係ではないとされています。

紫外線が発症原因となるその他の病気

紫外線対策を怠っていると皮膚癌以外にも下記のような病気になる可能性があります。

翼状片

この病気は、紫外線が強い南緯40°以内の地域や屋外労働者が発症しやすく、紫外線が大きく関係する病気です。環境などの要因で眼球が乾燥してしまい、そこに長期間にわたって紫外線が当たると、翼状片を発症してしまいます。症状としては、結膜が繁殖してしまい黒目に侵入するため、目がゴロゴロするなどの特徴があります。

白内障

白内障が発症する主な理由は、加齢だとされていますが紫外線の強い地域に住む人について調査すると、他と比べても白内障が増加しており、そこから考察すれば少なからず紫外線も発症要因の1つとなっていることが分かります。水晶体の皮質が濁る白内障は、日本人が発症することが多く、それだけ紫外線が多く降り注ぐということです。主な症状として水晶体が濁ることから視野がかすむなどの違和感が表れます。

雪目(電気性眼炎)

海水浴場やスキー場には、強い紫外線が降り注いでいます。その結果、目の角膜を傷つけてしまい雪目と呼ばれる病気にかかってしまいます。症状がひどくなってしまうと、目がゴロゴロし、痛みで目が開かなくなることもあるため、気をつけなければいけません。上記で説明した翼状片や白内障とは、違って急性の病気なので感染を防止するためにも早い治療を心がけてください。

 

日焼けでシミやくすみが出来るのは何故?

太陽光を浴びて日焼けをしてしまうと、シミやくすみが出ます。それは、UVAとUVBによる体へのダメージが大きく関係しています。シミやくすみなどの肌へのダメージを防ぎたければ、UVAとUVBへの対策をしていくことで紫外線を予防できます。それぞれの紫外線の特徴や違いについて知り、シミやくすみができるメカニズムについて学んでいきましょう。

UVA(紫外線A派)

全紫外線のうち約95%を占めるUVAは、エネルギーそのものは小さいですが照射量が多く、浸透力が高いため肌へのダメージが大きいです。UVAを体に浴びると全体の20%~30%が真皮層に到達し、繊維芽細胞にダメージを与えます。UVAによって繊維芽細胞に損傷が与えられると、途端に肌にたるみやシワが発生し、肌本来の弾力が失われるため光老化を起こす原因と考えられています。また、UVAは、シミの原因となるメラニン色素の合成を行うため、黒ずんだシミが目立ちやすくなります。炎症や赤みが起きづらいので、体へのダメージがないと思われがちですが、窓ガラスや雲を通して肌の奥深く真皮にまで浸透するので、紫外線対策をしておかないと知らない間にシミだらけになっていることがあります。

UVB(紫外線B派)

一方、UVAと違って全紫外線の約5%しか占めないUVBは、肌の真皮にまで到達するような浸透力はないものの、そのほとんどが肌の表面で吸収されることになるため、体へのダメージが大きいという特徴があります。UVBを浴びると、真皮ではなく表皮に影響を与えるためUVAと違って症状が表にあらわれやすく、シミやそばかす、メラニン色素による褐色、火傷のように赤くなるなど、多くの老化現象を引き起こしてしまいます。表皮による日焼けを起こしやすいため、屋外での日焼けの主な原因となっています。

 

何故飲む日焼け止めがいいのか?

一般的な塗るタイプの日焼け止めではなく、飲むタイプの日焼け止めが注目されているのには、明確な理由があります。飲む日焼け止めのメリットを知れば、これからの紫外線対策に対する考え方が大きく変わるでしょう。その理由については下記に記載する通りです。

目に対する紫外線対策ができる

上記でも説明した通り、紫外線は肌以外にも目から侵入して体にダメージを与えます。目に紫外線が侵入すると、ダメージに反応した脳が「メラニンを作成しなければいけない!」と体に命令を出します。脳から命令を受けた肌は、メラニンをどんどん分泌していきます。その結果、表皮にメラニン色素がたまり、肌が茶色く変色するようになります。シミやそばかすの原因は、目から侵入する紫外線の悪影響が大きいため、目に対する紫外線対策は必ず必要です。塗る日焼け止めでは、どうしても目に侵入する紫外線を防げません。一方、飲む日焼け止めなら、簡単に紫外線対策ができます。

肌荒れを気にすることなく利用できる

極度の肌荒れから日焼け止めを塗ることができないという方もいるのではないでしょうか。利用する成分にもよりますが、人によっては肌がかぶれてしまって、紫外線対策ができず増えるシミに対して途方に暮れているかもしれません。肌荒れがあるからといって、紫外線対策をしなければ、そこからすぐにメラニンが発生し、シミやシワにつながってしまいます。飲む日焼け止めなら、肌に塗る必要がないため、肌荒れなどを気にすることなく紫外線対策ができます。

汗を気にせず紫外線対策ができる

夏の暑い日やスポーツをする方は、事前に日焼け止めを塗っても汗によって流れてしまい、そこから強い日差しを浴びて光老化が始まってしまいます。スポーツして汗をかく人や仕事の関係で、どうしても屋外で作業をする人ほど飲む日焼け止めがお勧めです。飲む日焼け止めなら汗によって日焼け止めが流れてしまうこともないため、紫外線対策による効果を長い時間保ち続けることができます。

日焼け止めを塗る必要がない

紫外線対策をするために、年中体に日焼け止めを塗ることが、非常に面倒だと感じることはないでしょうか?塗り残しがあると、そこから紫外線が侵入しシミやシワの原因となってしまいます。だからといって、全身に日焼け止めを塗るわけにはいきません。飲む日焼け止めなら、屋外に外出するときに服用するだけで手軽に紫外線対策ができますので非常に便利です。また、日焼け止めの塗り残しについて気にする必要がなくなります。

アフターケアが全く必要ない

日焼け止めを塗って外出した後、今までなら肌を清潔に保つために拭き取る必要がありました。汚れた汗と日焼け止めが混じったものを肌に放置すると、間違いなく肌荒れの原因となります。夏場に、塗った日焼け止めを綺麗に拭き取ることができず、顔にニキビができてしまうという経験をされた方もいるでしょう。飲む日焼け止めは、肌に塗る必要がないので日焼け止めを拭き取るなどのアフターケアをほとんど必要としません。

水による影響をほとんど受けない

飲む日焼け止めは、水による影響をほとんど受けません。塗る日焼け止めだと海やプールなどに行き水に浸かると、どうしても日焼け止めが流れ落ちてしまいます。事前にしっかりと紫外線対策をしていても、水がほとんど日焼け止めを洗い流してしまうため、効果を消滅させてしまいます。特に子供がいる人は、夏に屋外のプールや海に子供と一緒に行くことになると思いますので、飲む日焼け止めを常時携帯しておけば非常に楽です。

雪による日差しの照り返しを防げる

外気温が寒いからといって紫外線対策をしなくても良いというわけではありません。外気温が低くても紫外線は毎日のように降り注ぎ、肌にダメージを与えます。特に、雪が降り積もる地域に住む人は、雪面からの照り返しによって光老化が起きやすいので、どこからの紫外線でもガードができる飲む日焼け止めがお勧めです。

 

塗る日焼け止めでの悩み

飲む日焼け止めではなく、塗る日焼け止めを利用する人は、どんな悩みを抱えていると思いますか?塗る日焼け止めを利用する上での悩みについて説明していきます。

肌荒れをしているところは、紫外線対策ができない

女性も男性も体質の関係でどうしても肌荒れしてしまう方や夏場の汗をかきやすい時期に肌がかぶれるなどの症状が出てしまう方もいるでしょう。肌に炎症などの症状が出ると日焼け止めを塗ることができなくなってしまいます。日焼け止めが塗れなかったところは、容赦なく紫外線が降り注ぐことになるため、これが塗る日焼け止めによって発生する問題だと考えられます。

塗る日焼け止めを使うとかぶれる可能性がある

屋外に出るため日焼け止めを塗って一日中過ごしていると、肌がかぶれたり、ニキビが発生したり、肌がカサカサになってしまって、体に合っていないのではないかと疑ってしまった経験があるかと思います。肌に何かを塗ることで、皮膚呼吸が抑えられることになるため、どうしても炎症が起きやすくなるのです。通常よりも肌が弱い人は、特に肌荒れを引き起こしやすいので塗る日焼け止めは使えないと諦めてしまった方もいるでしょう。紫外線対策が肌荒れを引き起こすというのは、女性にとって無視できない問題です。

紫外線対策で必要な量を塗ることは難しい

紫外線対策をするためには、日焼け止めがどれだけの量を利用する必要があるかご存知でしょうか?紫外線を防御するためには、500円玉1枚分を利用しなければいけません。しかも、これが顔だけの量なのでとてもじゃないですが、そんなに塗ることはできません。それだけ顔に塗ってしまうと白塗り状態になるので友達からも「それは塗りすぎじゃないの?」と言われてしまいます。それだけ塗らなければ、塗る日焼け止めでは、紫外線対策ができないのです。

頭皮や目に日焼け止めを塗ることができない

一般的な日焼け止めは、塗れる場所にしか紫外線対策を施すことができません。そのため、目や頭皮に日焼け止めが利用できないため、紫外線対策ができていない状態となります。帽子をかぶることで、多少たりとも紫外線を防げるものの、頭の上は一番紫外線を浴びやすいのでしっかりとした対策が必要でしょう。

何度も塗り直しをしなければいけない

塗る日焼け止めは、時間の経過とともに汗で流れてしまいますので、何度も塗り直しをする必要性が出てくる可能性があります。塗りなおさなければ、そこから紫外線が容赦なく入ってくるわけですから、結果的にシミやシワができてしまいます。しかし、屋外に出たら基本的に日焼け止めを塗り直すことはないので、紫外線対策としては不十分な状態となってしまいます。

水に浸かると、効果をほとんど発揮しない

例えば、子供と屋外にあるプールや海に行くと、親も子供と一緒に水に浸かるでしょう。屋外ということもあり、体に日焼け止めを塗ってしっかりと紫外線対策をしていても、水に浸かった瞬間全てが洗い流されてしまいます。こうなると、体は紫外線対策をしていない状態と同じになりますので、これが塗る日焼け止めの欠点と言えるのではないでしょうか。

 

肌断食と飲む日焼け止め

あなたは、肌断食と呼ばれる美容方法をご存知ですか?誰でも実践できて、高い美容効果が期待できる方法として非常に注目を浴びています。肌断食をする際、飲む日焼け止めが非常に有効なのですが、その理由について説明していきます。

そもそも、肌断食とは?

夏場になると毎日のように日焼け止めを使い、紫外線対策をしているという方は多いでしょう。しかし、毎日のように日焼け止めを使うと、肌にストレスを与えてしまうことになるため、肌疲れや肌荒れを引き起こしてしまう原因となってしまいます。そのため、肌に休憩を与えることを目的として、日焼け止めを塗ることや化粧を辞めてしまうことを肌断食と言います。肌に休憩を与えることで、皮膚が本来の働きを取り戻すことができるため健康的な肌が手に入るということです。

肌荒れを引き起こす主な原因とは?

塗る日焼け止めや化粧を辞めることで、美容効果が得られるというのは少し意外かもしれません。しかし、何もしないということが、なぜ美容効果につながるかご存知ですか?それは、塗る日焼け止めに利用される成分が悪影響を及ぼしていたからなのです。

塗る日焼け止めに使われる界面活性剤が肌を破壊する

塗る日焼け止めの含有成分を見たことがあるでしょうか。商品に利用される成分を確認してみると、環境に悪いことでも知られる界面活性剤が利用されています。この界面活性剤を肌に対して頻繁に利用していると、細胞間脂肪を破壊するため肌のバリア機能をなくしてしまいます。肌のバリア機能がない状態が長時間継続されると、荒れやすい肌になってしまい紫外線からの刺激に弱くなるため肌荒れを引き起こしてしまうのです。

日焼け止めのアフターケアが保湿成分を洗い流す

塗る日焼け止めを使うと、どうしてもアフターケアが必要です。水を大量に使って、顔に付着した日焼け止めを洗い流すと水や手によって顔に生じる摩擦から保湿物質を洗い流してしまいます。日焼け止めを利用するため肌を洗い過ぎる人は、保湿物質がなくなっていくことから、乾燥肌なども症状が出やすくなります。

防腐剤が肌にとって必要な菌まで殺してしまう

塗る日焼け止めや化粧品の多くには、商品を作成する過程で防腐剤が入れられています。防腐剤は、肌バランスの維持に必要な菌を殺してしまうという働きがあるため、雑菌やカビが繁殖しやすいような環境を作ってしまう原因となってしまいます。その結果ニキビが発生し、肌荒れなどの症状が出るということです。

肌断食によって得られる効果

紫外線対策のために利用する塗る日焼け止めが、悪影響を及ぼしていることが分かったと思います。もし、そのような状態を脱するために肌断食をした場合、どんな効果が得られるのでしょうか?それでは、肌断食を実践することで得られる効果について説明します。

ニキビや乾燥肌を改善できる

肌断食を始めると、肌を刺激する回数や洗顔回数が減るため、肌本来の保湿成分が戻ってきます。乾燥肌であるがゆえに引き起こされていた余分な油分の分泌が、抑制されることになるため肌バランスの改善が期待できます。乾燥肌が改善されバランスの良い状態になると、ニキビや余分な皮脂も減りニキビができづらくなります。

毛穴や角栓が引き締まる

塗る日焼け止めを過度に利用し過ぎると、皮膚呼吸を妨げることになってしまいます。皮膚呼吸ができなくなると、角質が正常に入れ替わらなくなるため、肌環境を悪化させてしまいます。肌断食を実践することで、塗る日焼け止めや化粧品の使用頻度が減らされるため、肌の再生機能や新陳代謝が改善され角質の入れ替わりも従来通り滞りなく行えるようになります。

肌断食を行っている最中の紫外線対策

肌断食中は、メイクをすることも日焼け止めを塗ることもできません。しかしながら、屋外に出れば容赦なく大量の紫外線が降り注ぐため、紫外線対策をしていないと大量のUVAやUVBを浴びてしまうことになります。日焼け止めを塗ることなく紫外線対策をするなら、飲む日焼け止めを利用すれば良いだけです。肌断食を長く続ければ続けるほど、洗顔回数を減らすことができるため肌環境で悩んでいた人もバランスの良い状態を取り戻し、美しい肌へと改善していくことができます。

肌断食の効果を高めるためにビタミンを摂取する

肌断食から得られる効果を高めたいのなら、十分な睡眠をしっかりととるようにしてください。そして、美容効果が得られるビタミンを多く含んだ飲む日焼け止めを使いながら生活すると、体内のインナーケアが改善されるため摂取するビタミンにはこだわりを持った方が良いです。スキンケア商品に1円もお金をかけない分、体に必要なビタミンを正しく摂取することで、効率良く傷んだ細胞を修復し健康的な素肌へ整えられていきます。

飲む日焼け止めの有効成分

飲む日焼け止めを利用するのなら、商品に利用されている成分については、しっかりと確認するようにしてください。今回紹介するような4つの成分が含まれていると、紫外線対策がしっかりとできますのでどんな効果があるか明確に理解しておいてください。

ニュートロックスサン

ニュートロックスサンとは、ローズマリーとシトラス果実から抽出した天然のポリフェノールのことを意味します。どちらも一般的な植物であるため、紫外線対策なんてできるの?と思うかもしれません。実は、シトラスとローズマリーの原料を混合することで紫外線対策に非常に有効な成分ができることが分かったのです。

ニュートロックスサンの効果

実際に、16歳~60歳の人を対象にシトラスとローズマリーから作成された成分「ニュートロックスサン」を85日間摂取することを依頼しました。すると、紫外線保護作用が60%もあることが分かりました。つまり、紫外線を60%カットできているということです。今まで塗る日焼け止めを利用していたためビタミンDの生成が抑制されていましたが、ニュートロックスサンならビタミンDの生成が守られます。ニュートロックスサンを体内に取り入れると紫外線による炎症が抑えられるため、メラニン色素などによって与えられる肌のダメージを抑制できます。そのため、紫外線によるダメージを抑制する効果が表れることが確認されています。

クロセチン

花好きの方であればご存知かもしれませんがクロセチンとは、サフランに含まれる黄色の天然色素のことでカロテノイドの一種とされています。ここで登場したカロテノイドとは、植物に含まれている成分のことで、日本では、たくあんの天然の着色料として利用されています。クロセチンは、高い抗酸化力を持っているため、体の酸化を防ぐ効果があります。その能力の高さから、様々な方向から研究が行われています。

クロセチンの効果

クロセチンには、目に侵入する光による障害を抑える効果が発見されています。目は、スマートフォンの明るい画面や紫外線、テレビなど様々なものから光が放射されているため、網膜にダメージを受けてしまいます。ダメージが長時間続くと視力が低下するなどの悪影響を受けてしまいます。光は、人間が生きていくうえで欠かせないものですが、強すぎる光に関しては、黄斑変性症を招く要因となるので気をつけなければいけません。クロセチンは、眼精疲労に対して効果的な成分とされていますので、様々な光によってダメージを受けた目を回復してくれます。また、眼精疲労以外にも睡眠障害を改善する効果もあります。睡眠に対して軽度な問題を抱えている健康な男性にクロセチンを2週間摂取させたところ、中途覚醒回数が減少していることが分かりました。つまり、深く良い睡眠に入れることから、睡眠障害が改善できることが明らかになっているのです。

ルテイン

ルテインは、クロセチンの時にも説明したカロテノイドと呼ばれる天然色素の一種であり、黄色の色素として野菜に多く含まれています。ニンジンやほうれん草、かぼちゃ、とうもろこしなど、緑黄色野菜に多く含まれていて、マリーゴールドなどの黄色い花の花弁にもルテインがあることが分かっています。ルテインは、目の黄斑部に存在しており、スマートフォンやテレビ、太陽光から放射される紫外線やブルーライトを吸収し消去する効果があります。つまり、ルテインは、目の健康を維持する上でなくてはならない存在なのです。

ルテインの効果

年を重ねるとともに目の水晶体が白く濁ることでも知られる白内障は、視力が低下する病気として知られています。そもそも水晶体には、カメラレンズのような働きがあり、外から受ける光を集めることでピントを調節する働きがあります。透き通った綺麗な水晶体も白く濁ると上手くピントを調節できなくなります。その結果、視界がかすんでしまって光がまぶしく感じたり、視力が低下したりと様々な問題を起こすのです。しかし、ルテインがあれば有害なブルーライトや強すぎる紫外線を吸収してくれるため、白内障の発症率を低減できると期待されています。緑黄色野菜でもルテインを多く含む野菜を積極的に摂取することで白内障のリスクが抑えられることが分かっていることからも体にとって大切な成分なのです。

美白効果が期待できる

ルテインは、目に限定して効果が期待できるわけではありません。そもそも、ルテインは目以外にも皮膚に存在しています。皮膚に存在するルテインは、光のダメージや酸化から肌を守る効果があります。48~59歳の乾燥肌のイタリア人女性を対象として、ルテインを含むサプリメントを8週間1日2錠摂取させたところ、皮膚の水分量が増加し、過酸化脂質量と赤血球の活性酸素量が低下するなどの効果があることが分かりました。この中でも過酸化脂質は、肌にシミやくすみを発生させる原因となります。シミやくすみが低減できるということは、結果的に美白効果につながっていることが分かります。

リコピン

テレビやニュースで取り上げられることも多いリコピンは、トマトやグレープフルーツ、スイカに多く含まれることでも知られています。上記で幾度となく登場していますが、カロテノイドの一種であり、活性酸素を消す抗酸化力が強いことでも知られています。

リコピンの効果

リコピンは、非常に美容効果があり、その強い効果は、抗酸化力からきていることが分かっています。屋外に出て太陽光にあたると紫外線が肌にあたるため活性酸素が発生してしまいます。これが、シワやシミ、たるみなどを引き起こす原因となります。研究者がリコピンの成分を調査すると、チロシナーゼと呼ばれるメラニンを生成する働きを抑制する効果があることが分かりました。そのため、リコピンを服用することで得られる美白と美肌効果は、抗酸化作用やメラニンの生成を抑えるチロシナーゼの抑制効果から来ています。