ビジネスマンのランチタイムに人気のケータリングカー

街中でケータリングカーを見ると、ちょっとワクワクします。どんなフードを売っているのか、覗いてみたくなります。決して大きくないケータリングカーに、うまく収納された厨房機器、ハッチバックで料理を提供することもあれば、車のサイドの窓を開けて商売をすることもあります。
ケータリングカーの前には小さな看板、かわいいイラストや興味をそそるポップでフードの紹介がされています。これが、平日のランチタイムにビジネス街に立ち並ぶのですから、どの店もゆっくりと見て回りたいほどです。
平日のランチタイムだからこそケータリングカーが立ち並ぶ光景を見ることができるのですが、1時間ほどしかないランチタイムですから無駄にできません。
人気のケータリングカーには行列ができ、ランチライムのビジネスマンはお目当てのフードを購入するために小走りで並ぶ人もいるほどです。
ランチの内容は、ケータリングカーで積んできたとは思えないほど充実しており、世界的にみても日本のケータリングカーランチは非常に美味しいくてボリュームがあるといわれています。
例えば、サンドイッチ系のケータリングカーは、パンの種類を選んで具と別に提供してくれることもあります。自分で具を挟むことで、パンはサクサクのまま食べることができ、具の水分がパンい移ることはありません。
ケータリングカーでパンを保温しながら運ぶため、焼きたてのような風味が味わえます。具もこだわりをもって提供している店主が多く、有機野菜や国内産の肉を使っていたり、自家製のチーズやドレッシング、さらに所有している畑から収穫した野菜を使うなど、工夫をこらしています。
手軽に出店できるため、ケータリングカーでのフード営業は店舗営業よりも激戦といわれています。よほどの知恵と工夫がなければ、物珍しい最初だけで顧客がついてもすぐに飽きられてしまいます。
営業場所を転々と変えられるというメリットもありますが、その先で顧客がつくという保証はありません。それでも夢を現実にした人だけがケータリングカーで出店できるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ