ケータリングカーの調理設備について

ケータリングカーの中で食品の調理を行うという場合、車内の設備をどの様な物にするかという事は、販売する食品のクオリティアップのためにも重要な事です。
どんな食品を調理する時にも言える事としてまず重要なのが、ケータリングカーの中で調理をする上で十分なスペースが確保されているかという事です。

通常の調理設備のあるキッチンと比べて、ケータリングカーの中は必要な物を運んだり運転するスペースがあるために、必然的に調理が出来るスペースが限られてくる物ですが、その中で満足のいく調理をしようと思えば、如何に効率的に必要な物だけを揃えていくかといった選択眼も必要になってくるでしょう。
どうしてもケータリングカーの中で十分な調理が出来ないという場合には、食品を販売する現地に着いた後、調理器具を外に設置して食品を調理するという事になるでしょう。

ケータリングカーの中で調理をする時、決して手を抜いてはならないのが、それぞれの調理設備の衛生管理についてです。
食品を扱うという事は、何か衛生的に問題があった時には直接人体への健康的な影響が出てくる可能性もあるので、ここをしっかりとしておかないと食品のクオリティ以前の問題となってしまいます。

また、ケータリングカーの中か外かを問わず、調理の際に火を扱うようなことがあれば、もし何かあった時には自分だけの問題では済まなくなってしまいますから、何時でも火を消せるように対策を立てておかなくてはなりません。

その他にケータリングカーで食品を扱う上で注意したいのが、それぞれの設備の耐久性についてです。ケータリングカーの場合は、それを使って移動することを考えると普通の物より頑丈なものであることが望ましく、何か設備に不具合があった時に容易に交換出来るようになっていると、現地での対応もスムーズになるでしょう。

販売する食品に独自性があり、既存の調理設備では満足のいく結果が得られないと判断するなら、普段使っている調理設備で前以って調理するか、その調理設備をケータリングカーにどう搭載するかを考えておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ