飲食店を経営する際にチェックすべき3つのポイント

現代は地方から都市への人口集中が進む一方で、IT化と物流網の進歩によって、個性が尊重される時代でもあります。そのような時流に乗って、全国各地で個性的な飲食店を経営しようと努力する人々も多く見られます。もちろん、夢を持つのは素晴らしいことですし、それを叶えることができればなお良いと言えるのですが、飲食店の経営はビジネスであるということを忘れるわけにはいきません。長くお店を続けて、多くのお客様に愛されるためにも、経営をスムーズに進めるためのポイントをチェックしましょう。
まずチェックしなければならないのは、立地です。どれほどおいしい料理を提供する飲食店であっても、人がほとんど通らないような場所にあれば、収益を見込むことはできません。だからといって、地価が高い駅前の土地に新人が店を出しても、経費がかさんでしまいます。ある程度の人通りがあって、賃料もあまり負担せずに済むという、バランス感覚が重要となります。また、ここまで述べてきたこととはやや矛盾するのですが、秘境の絶景ポイントのように、そこに行くこと自体が観光となる場所であれば、人通りが少なくても人気の店となることが見込めます。
立地と同じく重要なポイントは、提供するメニューの内容です。一言で飲食店といっても、さまざまな種類がありますね。その土地のお客様のニーズに合った料理を提供することが大切です。たとえば、サラリーマンが多く通る駅前であれば、立ち飲み屋や焼き鳥屋、あるいは洋風のバーなど、お酒や軽食が中心となりますし、おしゃれな住宅街にある店であれば、中高年の女性が多く集まるような、カフェやレストランがふさわしいでしょう。
さて、3つ目のポイントがもっとも重要となります。それは、お客様に心地よく過ごしていただくために、丁寧な接客をすることです。たとえどんなに飲食店の立地が良く、料理がニーズに合ったおいしいものであったとしても、店員に愛想がなければ、お客様に愛されることはできません。お店である以上は、商品だけでなく、接客の質にもこだわる必要があるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ