ケータリングカーは立地が関係ないところがポイント

ケータリングカーというものをご存知でしょうか?恐らく見たことはあるはずです。名前は知らなくても車に乗って移動しながら食べ物とかを販売している形態のお店で、石焼いもを販売している車がその代表になるかもしれません。こういった形態で販売しているものは買う側にとっても非常に便利なところがあると思いますが、売るほうとしても非常に便利なはずなんです。それは異動ができることから、立地が関係なくなるということです。

物を売るときのお店といいうのは、通常は移動できません。建物として設計して、そこで販売をするからです。そのため、すでに立地の良い場所が多くのお店や家などで埋まっている場合、どうしても残っている立地があまりよくないところに店を構えて、そこで販売戦略を練らないといけないのですが、ケータリングカーは異動ができますから、立地の良いところがあれば、そこに移動して、そこで販売をすれば良いということになります。つまり、人が多く集まる場所、または販売している品を多くが欲しがりそうな場所があれば、そこに移動して、そこで販売をすることができます。

通常であれば、お店はなかなか立地の良いところには建てられませんし、1度建てると、場所を変えるというのは、簡単ではありません。そのため、いろいろな制限がついてしまうということでもあるのです。その点、ケータリングカーはその時々にあわせて場所を変えられますから、臨機応変な対応ができるのです。時間帯によって、日によって、季節によって人が多くなる場所とかは変わるわけですから、そういった部分に対応していくためには、ケータリングカーのような販売戦略が非常に重要ということが言えます。

ケータリングカーの方が、お店を経営するためのハードルもやや下がりますから、始めやすいやり方ですし、失敗しづらい要素もあります。今後お店を出したいときには選択肢の1つとして考えていっても良いのではないでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ