ケータリングカーは初期費用がかかりづらい

新しくお店を開くときにはどうしてもお店を作るための費用などが莫大にかかります。外観もそうですけど、内装もそうですよね。そういった費用が調達できないと、なかなか飲食店などのお店はオープンできませんただ、それくらいの大きな費用を負担しなくてもお店はオープンできます。それはケータリングカーというやり方を使うのです。

これは車に乗って、移動しながら販売を行う形態のお店になりますが、このケータリングカーは車と販売に使う機材などがあればすぐに始められます。車の外観については多少は目立つように、目を見張るように装飾をしていった方が良いと思われますが、内装に関してはどうでも良いです。そこにはお客さんは入りませんし、ほとんど見えません。内装に関してはほとんど放置でも構わないというのが、このケータリングカーが初期費用が安くなるという理由の1つにもなります。

通常のお店の場合、外観は看板として大切ですが、より内装の方が大切でしょう。お客さんはそこでより長い時間を過ごすので、雰囲気がよくなかったり、清潔感がよくなかったり、印象を害してしまうことは売り上げに直結します。だから、かなりお金をかけて、デザインと工事をしていかないといけないのです。しかし、内装にかかる莫大な費用がほぼ0だとしたら開店のためのハードルは大分下がりますよね。

初期費用で出せる金額というのは、借りてきたお金を合わせても、そんなにないという人が多いと思います。だから、あまりお金が用意できない人は、従来はこういうお店をオープンさせることすら難しかったのです。でも、お金に関する問題が大分改善されて、ハードルが下がって、お金がそこまで出せない人でもお店が出せるようになったのです。車に関しても新車じゃなくて、中古を使うという手があるので、そうすればさらに初期費用を安くすることができます。多くの方にとって夢のある出店方法がケータリングカーになると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ