ケータリングカーによるビジネスの特徴

ケータリングカーは、商品やたこ焼きなどの出来立ての食べ物を移動しながら販売するために必要な乗り物です。お好み焼きやたこ焼きなどのすぐに食べられる食べ物に関しては、ケータリングカーの内部に調理場を用意していて、相場では200万円から300万円程度で購入する事が可能です。一方で、レンタルで借りながら移動して販売をする事が可能で、1日あたりで高くても数万円程度のレンタル料金で済む事が特徴です。販売をする場合、ガソリン代などの必要経費だけに留まらないで、場所代なども用意しておく事が基本なので、ビジネスとして行う場合にはかなりの経費が掛かります。商品の仕入れや材料費なども考えて売り上げを出しますが、天気などの環境も考慮しながら販売を行います。
から揚げや焼き鳥などを作る場合、ビジネスを展開する人が作っている匂いに誘われて、購入している人が多いです。特に商業施設の近くで、ケータリングカーを使用しながら作る焼き鳥は、煙に誘われて購入する人もいます。ケータリングカーで販売している食べ物は、少し距離があっても見にくいので、匂いやのぼりを使って、お客様を引き寄せている経営者も多いです。
移動販売の車の中には、水道やキッチンの設備が充実している傾向です。焼き鳥などの食べ物を販売するために、ケータリングカーをレンタルする場合、内部の仕様を見ながら適正な車を選別する努力も必要です。
移動販売のビジネスとして売り上げを大きく出すためには、出す食べ物や賞品に関して品質を上げる事が基本です。食べ物の詳細などに関して、お客様に知ってもらうために事前にチラシを販売する場所の周辺の人を中心に配ったり、インターネットなどを介してブログなどで宣伝する努力が必要です。単に移動しながら声を掛けるだけでは、目標としている売り上げには繋がりにくいです。場所代を支払ってでもお客様が集中している所を選んだり、口コミなどで食べ物の特性などの情報を広めていく工夫が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ