ケータリングカー購入する際は知っておきたい種類によって異なる料金

世間ではケータリングカーの購入を考えている方も、非常に多いです。そして車を購入するとなると、料金は非常に気になるポイントです。相場がどれ位なのか気になる方も、中にはいらっしゃるでしょう。
ケータリングカーの費用は、タイプによって大きく異なります。小型の車ならば料金は低めになりますし、新型もしくは中古かによっても異なってくる状況です。

例えば小型タイプのケータリングカーがあります。一般的には、軽自動車と呼ばれるタイプです。そのケータリング用の車は、たいていは200万円以内になります。とりわけバンと呼ばれるタイプのケータリングカーは、あらゆる車種の中でもリーズナブルです。最安のケータリングカーの場合、100万円前後で購入できるからです。
ところが中型サイズのケータリング用の車の場合、また価格が異なってくる傾向があります。一般的には200万円台半ばから、400万円台半ばという状況です。

ただ中型サイズの車にも色々なタイプがあって、例えばデリバリーショートと呼ばれるタイプの場合、おおむね300万円近くになっている傾向があります。それに対してサポータと呼ばれるタイプの車は、たいていは400万円台です。
ですので、まず車の大きさによって価格が異なってきます。基本的には大型サイズの車ほど、料金は高めになると考えて良いでしょう。
またケータリングカーには、中古もしくは新車があります。もちろん前者の方が、価格はリーズナブルになる事が多いです。

例えば中古のケータリング用の軽トラの場合、価格はおおむね210万円近くになります。それに対して新品タイプの軽トラの場合は、250万円近くなどの具合です。つまり中古の方が、数十万円ほどリーズナブルになる傾向があります。
思えば一般車などでも、新車の方が中古よりは価格は高めです。ケータリング用の車も、それは同様という事になります。
ですので費用を安く抑えたいならば、小型タイプの中古車を選ぶと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ