ケータリングカーを選ぶ時は維持費用にも着目

自動車は、色々な面で費用が大切です。多くの方々は、自動車を購入する時の値段を重視している傾向があります。なぜなら自動車は、そこそこ大きな値段になります。自動車のタイプによっても異なりますが、100万円以上になる事が珍しくありません。

ケータリングカーも、そこそこまとまった金額になります。そのタイプの車の場合、100万円や200万円以上になるケースが多いからです。ですので多くの方々は、その購入費用に目が行きがちです。
ところでそのタイプの車を購入する際には、他にも着眼点があります。維持コストを軽視しないよう、気を付けた方が良いでしょう。

そもそも車というものは、必ず維持費用は発生します。そして、それは決して軽視できません。上記の200万などの金額も確かに大きいですが、年間の維持コストもかなりの料金になるからです。
例えばガソリン代です。一般的にガソリン代は、車の燃費に左右される傾向があります。燃費が良い車の場合、それだけガソリン代を低く抑えられる事が多い訳です。

ちなみに燃費を重視する時には、軽自動車が推奨されます。自動車には軽自動車と一般車がありますが、総じて前者のタイプの車の方が維持コストは低くなりがちです。

そして前述のケータリングカーにも、軽のタイプがあります。いわゆる普通自動車のタイプだけでなく、比較的小さめなケータリング用の車もありますが、それも燃費は良い事が多いです。ですので年間の維持コストを低く抑えたい時には、軽のケータリングカーを選ぶと良いでしょう。
また税金なども、軽視できない一面があります。自動車税を低く抑えたいと思う方々も多いですが、それを車種によって違いがある訳です。

ケータリングカーを購入する時には自動車本体の値段に目が行きがちですが、上記のような維持コストを見落とさないよう注意が必要です。何せ車上販売を行うとなると、色々な維持費用があります。事業を運転資金を低く抑える為にも、ケータリングカーの年間コストなども意識すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ