固定店舗にはない魅力があるケータリングカーでの販売

お店を開くときに実店舗、固定店舗を開くとなにかと費用がかかってしまうこと、そして立地のよいところがなかなかない、そしてやっとよい場所を見つけたと思ったら土地やテナント料がとても高くて初期費用がかなりかかってしまうというデメリットがあるかもしれません。最初に費用がかかるとその後の経営を圧迫してしまい、事業の継続が難しくなってしまうことがあるのです。その点でケータリングカーで移動販売という方法を取るならば固定店舗のような費用をかけずにできること、そしてそれだけリスクを少なくすることができるのです。

またケータリングカーは外見に特徴を出すことができ、ちょっと目立つ色にすることができますし、カラフルでおしゃれな雰囲気を作ることも難しくはありませんので通行人たちの関心を引きつけることはしやすいかもしれません。そして仮に料理の経験がほとんどなくても自分が売るものを作ることがができればそれで十分なのですぐに覚えることができ、お店として出すことができるのです。

こうしたケータリングカーを取り扱っている業者があり、注文を出して自分がしたいようにデザインをしてもらうことができますし、一際目立つものに仕上げてもらうこともできるのです。こうした車を安く仕入れるために中古車の購入を検討することもできます。

パンやメロンパン、アイスクリーム、野菜の販売、ケバブやタコス、弁当やクレープなどちょっとデザート感覚で小腹を満たしたくなるようなものはとても人気になります。自分で考えてどんな場所にお店を出すことができるか、また時間帯はどのあたりがよいのかなど真剣に考えてそれがヒットするとかなりの儲けになりますし、それは自営業としての成功を意味するものとなります。その地域で評判のお店となることができればそのうわさが広がっていき、リピーターがたくさんつくことにもなるのです。このようにケータリングカーというのはとても夢のある仕事なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ