• お問合せはこちら

売上を伸ばすためにケータリングカーの外装が大事!

イベント会場やスーパーやホームセンターの入口で、多く見かけるようになったケータリングカー。美味しそうな香りに釣られて、つい買っちゃった!という経験がある人も多いでしょう。買う気はなかったのに、覗くとついつい・・なんて場合もあります。

なかには、将来ケータリングカーを所有して、好きなものを売って生計をたてたいと思っている人もいることでしょう。お祭り会場によくある露店の代替として、最近注目されている移動型キッチンカーは、やはりおしゃれで素敵なイメージがあります、露店はやはりイメージ的におしゃれとは言い難いかもしれませんね。

移動型キッチンカーの売上のカギを握っているのが、可愛い外装ではないでしょうか。移動型販売には、ドーナツやアイス、どら焼きなど、女性が好きそうなスウィーツが販売されるケースが少なくありません。そのような女性のハートをくすぐるのが、外装ではないでしょうか。

カフェスタイルならカフェにあった外装、ドーナツ屋さんならポップで可愛らしい印象のデザインの車があると、ついつい目が行き購入へと導くことも少なくありません。この車の外装をするのとしないのとでは、売上に大きく響くのです。やはりデザインがよいと売上も伸びやすいのです。

最近のケータリングカー販売業者のなかには、そのような外装をプロのデザイナーが手がけるサービスがあり、とても充実しています。とにかく目立たせたい!として、全身ピンクにど派手で可愛いデザインをする人もいれば、外国のカフェのようにおしゃれな雰囲気を出すオーナーもいるのです。自分好みにカスタマイズして、楽しいひとときを過ごせたら嬉しいですね。

このように、ケータリングカーには夢がいっぱい詰まっています。売上を伸ばすカギは、見た目の外装にもあったのです。今後移動型販売をしたいと思っているなら、内容はもちろんですが、外装にも気をつかうと、より効果的ではないでしょうか。ぜひ参考にしてくださいね。

ケータリングカーを安価に購入する為に情報のアンテナを張る

ケータリングカーの購入を考えている方々は、値段を気にしている事が大変多いです。できるだけ購入価格を抑えたいと考える方も多く見られます。
そして購入価格を抑えるのは、大いに可能です。情報を集める必要はありますが、要点を抑えておけばリーズナブルに車を購入できる事も多いからです。

費用を安く抑えたい時には、タイミングなどを知っておく必要があります。というのも車の価格は、時期によって変動する性質があります。タイミングが良ければ、かなりリーズナブルに車を購入できるケースも珍しくありません。

そしてケータリングカーも例外ではないです。やはり価格相場などに関する要素はありますので、その知識を知っているだけでも、購入価格が大きく変わってきます。

例えば車のモデルチェンジなどの要素です。車に興味がある方にとっては、そのチェンジの要素はとても大切な情報になります。なぜならチェンジは、車の価格に大きく関わってくるからです。
モデルチェンジが行われますと、基本的には中古車の価格などは下がる傾向があります。チェンジ前の中古車の価格が60万円だとしても、チェンジ後には40万円などに下がるケースも珍しくありません。特にフルモデルチェンジが行われた時などは、かなり価格が下がる傾向があります。

ですので中古車を安く購入しようと考えるなら、そのチェンジの情報にアンテナを張っておくべきです。チェンジ後に車を購入すれば、かなり費用を抑えられるからです。
それと決算期などの情報も大切です。大手の会社などは、決算期になると車の価格を下げる傾向があります。

そしてケータリングカーを購入する際にも、それらの情報は大きく関わってくる訳です。人によっては、中古タイプのケータリング用の車を購入する事を考えていますが、その場合は上記のチェンジや決算期などの要素は大切でしょう。ケータリングカーを安く買いたい時には、色々な情報にアンテナを張っておくべきですね。

ケータリングカーのメンテナンスを怠ってはならない

ケータリングカーはその用途を考えると、移動しながら商品を販売するという性質上、出来るだけ走行中にも安定性を保っていられるものの方が優秀だと言えるでしょう。
そうした走行中の安定性を支えているのは、ボディーやシャーシ、タイヤといった物理的な要素の他に、エンジンが余裕を持ったまま走行できるのかといったパワーも重要になってきます。

またこれらの要素が全て安全な基準をクリアしていても、ずっと使っている内に消耗してくることは避けられませんから、他のクルマと同じかそれ以上にこまめなメンテナンスが必要になって来るでしょう。
ただケータリングカーという物は多くが通常の車の形状とは違ってきますし、特殊な設備を兼ね備えている物もあるので、普通のクルマと同じメンテナンスの仕方をしていたのでは不十分という事もあります。

そうしたケータリングカーならではの設備や形状に対して十分なメンテナンスを行いたければ、出来る限りそれらに対して専門的な知識を持ったエンジニアにメンテナンスを依頼するのが好ましいと言えます。
ケータリングカーをメンテナンスする時、出来れば拘っておきたい事としては、外観に関するケアをどうするかという事です。

ケータリングカーで移動しながら販売する際においては、見た目で人を惹きつけるという部分も大きく売り上げに影響してくるので、ここを疎かにはせずキッチリと仕上げていく事が商品の魅力を伝える事にも繋がり、販売量を増加させることにも役立つのではないでしょうか。

このようにケータリングカーにはそれに対した適切なメンテナンスを行う必要があり、場合によっては費用や手間の問題で省力したい所も出てくるかもしれませんが、走行の安定性を高める事は販売する商品の保護にも繋がりますし、外観や内装の見た目といった一見無駄にも見える拘りが意外に集客力にも繋がったりするので、出来る限り手を緩めずにメンテナンスをしていきたい所です。

ケータリングカー購入する際は知っておきたい種類によって異なる料金

世間ではケータリングカーの購入を考えている方も、非常に多いです。そして車を購入するとなると、料金は非常に気になるポイントです。相場がどれ位なのか気になる方も、中にはいらっしゃるでしょう。
ケータリングカーの費用は、タイプによって大きく異なります。小型の車ならば料金は低めになりますし、新型もしくは中古かによっても異なってくる状況です。

例えば小型タイプのケータリングカーがあります。一般的には、軽自動車と呼ばれるタイプです。そのケータリング用の車は、たいていは200万円以内になります。とりわけバンと呼ばれるタイプのケータリングカーは、あらゆる車種の中でもリーズナブルです。最安のケータリングカーの場合、100万円前後で購入できるからです。
ところが中型サイズのケータリング用の車の場合、また価格が異なってくる傾向があります。一般的には200万円台半ばから、400万円台半ばという状況です。

ただ中型サイズの車にも色々なタイプがあって、例えばデリバリーショートと呼ばれるタイプの場合、おおむね300万円近くになっている傾向があります。それに対してサポータと呼ばれるタイプの車は、たいていは400万円台です。
ですので、まず車の大きさによって価格が異なってきます。基本的には大型サイズの車ほど、料金は高めになると考えて良いでしょう。
またケータリングカーには、中古もしくは新車があります。もちろん前者の方が、価格はリーズナブルになる事が多いです。

例えば中古のケータリング用の軽トラの場合、価格はおおむね210万円近くになります。それに対して新品タイプの軽トラの場合は、250万円近くなどの具合です。つまり中古の方が、数十万円ほどリーズナブルになる傾向があります。
思えば一般車などでも、新車の方が中古よりは価格は高めです。ケータリング用の車も、それは同様という事になります。
ですので費用を安く抑えたいならば、小型タイプの中古車を選ぶと良いでしょう。

2年を越えて経営できる飲食店はごくまれでしかない

一般的に飲食店の寿命は2年といわれています。その理由は、2年のうちに、売上と常連客、売りになる料理やお酒、店の特徴や店主のセンスなどの結果がでるといわれており、継続して家業をしていくことの条件をクリアできなければ、2年で閉店となるようです。

実際に、2年を待たずして閉店する店舗は数多くあり、この飲食店はこの間開店したばかりなのにもう閉店した、と驚くようなこともあります。ひどい時は、半年で閉店する飲食店もあり、そういわれればお客が入っているところをまったく見なかったとか、チラシやクーポン券などの情報や口コミ、何が美味しいのか、おすすめなどの看板も一切見なかったということもあります。

飲食店が閉店する理由は様々ですが、一概に立地の問題ではないことは、最近では当たり前といわれています。むしろ、立地が多少悪くても常連客が押し寄せる飲食店はたくさんありますし、よくニュース番組の特集で「僻地にある繁盛店」や「地方からお客が押し寄せる飲食店」など紹介されているように、固定客で稼いでいる飲食店もあるのです。

平日の夜にはほとんどお客が入っていなくても、休日になる車のナンバーがとても遠地だったという話もよく聞くくらいです。その味を求めてというお客の方が、むしろ固定客になっているのなら、駅前に出店しなかったから閉店したとか、近くに競合があるからダメだったなど、最初からわかっていたのにもかかわらず出店したことの言い訳にしか聞こえない時もあるくらいです。

不思議なことに、万人受けを狙うと失敗するというケースが多く、むしろニッチな客層に対して絶対的な信頼を与えている飲食店の方が長続きしていることもあります。飲食店ほど難しい業界はないと言われていますが、2年を越えて営業を継続できている飲食店は、店主のたゆまない努力のたまものといってよいでしょう。飲食店は多くの人が一生に一度でいいからやってみたいと憧れる職業ですが、2年を越えられる腕を持っているのはごく一部ということになります。

ケータリングカーを選ぶ時は維持費用にも着目

自動車は、色々な面で費用が大切です。多くの方々は、自動車を購入する時の値段を重視している傾向があります。なぜなら自動車は、そこそこ大きな値段になります。自動車のタイプによっても異なりますが、100万円以上になる事が珍しくありません。

ケータリングカーも、そこそこまとまった金額になります。そのタイプの車の場合、100万円や200万円以上になるケースが多いからです。ですので多くの方々は、その購入費用に目が行きがちです。
ところでそのタイプの車を購入する際には、他にも着眼点があります。維持コストを軽視しないよう、気を付けた方が良いでしょう。

そもそも車というものは、必ず維持費用は発生します。そして、それは決して軽視できません。上記の200万などの金額も確かに大きいですが、年間の維持コストもかなりの料金になるからです。
例えばガソリン代です。一般的にガソリン代は、車の燃費に左右される傾向があります。燃費が良い車の場合、それだけガソリン代を低く抑えられる事が多い訳です。

ちなみに燃費を重視する時には、軽自動車が推奨されます。自動車には軽自動車と一般車がありますが、総じて前者のタイプの車の方が維持コストは低くなりがちです。

そして前述のケータリングカーにも、軽のタイプがあります。いわゆる普通自動車のタイプだけでなく、比較的小さめなケータリング用の車もありますが、それも燃費は良い事が多いです。ですので年間の維持コストを低く抑えたい時には、軽のケータリングカーを選ぶと良いでしょう。
また税金なども、軽視できない一面があります。自動車税を低く抑えたいと思う方々も多いですが、それを車種によって違いがある訳です。

ケータリングカーを購入する時には自動車本体の値段に目が行きがちですが、上記のような維持コストを見落とさないよう注意が必要です。何せ車上販売を行うとなると、色々な維持費用があります。事業を運転資金を低く抑える為にも、ケータリングカーの年間コストなども意識すると良いでしょう。

ケータリングカーを専門店で購入する

人々が自動車を購入する時には、クオリティーの高さを求めています。やはり質が良い車の方が、使い勝手も良い事が多いからです。
ところでクオリティーの高さを重視するならば、お店選びは大切なポイントになります。なぜならお店の専門知識によっては、とても良い車を購入できる事もあるからです。
そしてケータリングカーもそれは同様です。そのタイプの車を販売しているお店には2種類あって、幅広い車種を取り扱うお店と、ケータリングカー専門のお店になります。それぞれ特徴が異なる訳ですが、一般的には後者のお店の方がスペックは高い事が多いです。

というのも専門店の場合は、そのケータリング用の車に関する知識が非常に豊富です。それだけにお店に陳列している車も、品数が豊富な傾向があります。
お店の品揃えは、とても大切なポイントです。品揃えが豊富なお店の場合、それだけ選択肢も豊富な傾向があります。自分のニーズに合う車を見つけられる確率も高まりますので、専門店はおすすめと言えるでしょう。
またケータリングカーの専門店には、サポート体制に関するメリットもあります。そもそも車を購入した後には、いわゆるアフターケアになるケースがほとんどです。販売会社から様々なサポートを受けられる訳ですが、それは車の専門知識に左右される一面があります。知識が豊富なお店の場合、それだけサポート体制も充実している事が多いからです。

ましてケータリング用の車となると、色々と特殊な機能も備わっています。一般的な車とは別の機能が備わっている事も多く、人によっては使い方が分からずに、戸惑っているケースもある訳です。
しかしサポート体制が充実しているお店の場合、車の使い方なども丁寧に教えてくれる傾向があります。それだけ安心して車を利用できる訳ですから、専門店を選ぶ方々も非常に多いです。
つまり安心感も、ケータリングカーの専門店の特徴の1つと言えます。品質とサポート体制を重視するならば、専門店がおすすめです。

飲食店ごとのルールやサービスがおもしろい

 個人経営している飲食店には、それぞれに細かいルールや決まり事があったりします。それはその飲食店でしか通用しないことなのかもしれませんが、そこは「郷に入れば郷に従え」という言葉のとおり、従うことが鉄則です。

 最近特に増えてきているのが、禁煙している飲食店です。店内ではタバコを吸わないでくださいとお願いし、煙を出さないクリーンな飲食店をアピールしていたりします。愛煙家の人にとっては厳しいルールですが、これからはもっと増えていきそうなことは間違いありません。

 また、水はセルフサービスというところも多いです。ホールスタッフが水を注ぐのに労力をとられていたら、客の回転率に響いてきます。ですので、水は好き放題飲んでも良いけどそのかわり自分でやって下さいというのがそのスタンスです。

 さらに、串カツのタレは二度漬けしてはいけませんというちょっとおもしろいルールの飲食店もあります。串カツを食べるのは主に関西の文化ですが、二度漬けを禁止することで衛生面を保ったり、タレの無駄遣いを防いだりしているのです。

 また、細かいルールや決まり事以外にも、ライスのおかわり無料というサービスだったり、漬物や小鉢のバイキングがあったり、お店を出るときに駄菓子をサービスしたりなど、お客にとって嬉しいサービスを打ち出している飲食店もあります。

 これらはそのすべてが個人で経営している飲食店が打ち出しているそれぞれの個性であり、その違いを楽しみながら客は利用しています。チェーン店ですとどこか画一的なところがありますから少し味気ないですが、だからこそこれらのサービスがとても際立っておもしろく感じられたりするのです。

 そんな飲食店ごとの独自ルールやサービスは、それぞれに違いがあってとても個性的です。それを疎ましく思うようではちょっとさびしいですし、そんなこともすべて利用する楽しさの一環なのだと受け入れることが、とても大切なのではないでしょうか?

賑わっている飲食店の特徴や繁盛させるための方法

飲食店が賑わせるためには立地によってターゲットを分析し、それに見合っているメニューを準備できるようにするといったことが非常に大事です。

駅前で夜になると、いつも物凄く繁盛をしている人気店がいくつかあるのですが、安い値段で気軽にフランクに立ち寄れる串カツ屋さんであったり、一個あたり約25円とかなり安値でたこ焼きを提供しているお店だったり、庶民的な地域ということもあってか、安い値段で客に飲食物を提供するお店や、お酒を飲む人にとって好まれやすいメニューを取り揃えている店はいつも賑わってる印象です。

また、飲食店を賑わわせるためには固定客やリピーターがある程度居ることが大切です。
馴染みのお客さんが常連客同士で交流を楽しむといったことは、居酒屋や酒場などでもよく見られる光景でもあります。
また、飲食店ではある程度よく来てくれるお客さんに対しては、店主や店員がよく注文するメニューを覚えておいたり、客の好みを知って覚えることも大事です。

どの順番でオーダーするかある程度覚えたり、客が苦手な食べ物や好むネタなどを知っておくことも大事です。
飲食店で売上アップを目指すためには、出来るだけリピーターを増やすことが大切なので、常連客ばかりではなく初めて来店したお客さんに対しても分け隔てなく、丁寧な接客をするといったことも基本中の基本です。
また、飲食店をなるべく流行らせるためには、地元のフリーペーパーやチラシなどに広告を載せてもらうようにしたり、大勢の人にお店の存在を認知して貰う必要があります。

インターネットをあまり使わない高齢な人は、紙媒体を通じてしか飲食店の情報を集めないことも非常に多いので、ネットでホームページを構えたりSNSやブログで店を宣伝する以外にも、地域の情報誌やグルメ雑誌などに掲載してもらえるように積極的に働きかけてマーケティング活動を行うといった方法も非常におすすめです。
価格設定を見なおしたり、季節に応じてメニューを刷新したりする以外に、顧客を呼び込むためには宣伝を怠らないことも飲食店では重要であります。

ケータリングカーの価格と購入の概要

市場に出回っているケータリングカーは、主に小型から中型のトラックが多くて、販売を行う人は内装などを鑑みて購入する事が望ましいです。

最も安いケータリングカーは軽バンのタイプで、中古車であれば100万円から150万円の範囲内で購入できます。小型車の中でトラックの形やワンボックスの形をしている車は、さらに内装が充実している傾向で、少なくとも200万円から300万円程度を見積もる事が重要です。

当然、新車であればさらに50万円から100万円程度高くなります。価格に関しては、車両の本体の価格と内装などの設備の費用が含まれています。

お客様にアピールするためにキャラクターなどのデザインを入れていたり、カラフルな色を使用して派手にしている車も多いです。ハンバーガーに関連した商品を販売する場合は、お客様に魅力的なハンバーガーの実物を車体にデザインしたり、手書きで書いた滑稽なキャラクターなどを描いている事もあります。希望するデザインの種類によっては塗装費が掛かったり、ラッピングとしての価格も付加する事があります。車体のデザインに関して決める事は販売者の自由ですが、お客様の目を引くデザインにする事を心掛けます。

中型のケータリングカーは少なくとも250万円は掛かる事が特徴で、調理場や水道の設備などが充実している傾向です。奥行きが深くて、車の高さが高いほど価格は高騰します。。良質なケータリングカーであるほど設備は整っていて、作業場での便利さに長けている事が特徴です。車の幅が広いほどお客様が買いやすい事が特徴で、回転率も高くなって利益の幅も大きくなる傾向です。

最近はレンタルとして提供している会社も多くて、購入するよりもはるかに安い金額で商売を始められる事が魅力です。但し、1日当たりのレンタル料として支払っている事が多いので、長く使うほどコストは高騰する事が特徴です。商売のために長く使用する時は経営を安定させるために早めに利益を出す事が重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ