最近の飲食店についての個人的な考察

最近の飲食店は、棲み分けが進んでいる感じがします。人気のある飲食店を形態別にあげると、何と言ってもチェーン店の台頭がかなり目立ちます。ファミレス、カフェ、ハンバーガー店、回転寿司など、最近は全国どの地域に行っても見られるようになり、何処でも日常的に利用する飲食店として人気があります。若者もファミリーも、休日のみならず平日でも頻繁に利用しています。利用しやすい価格と、手軽感が今の時流にマッチしているのでしょう。特にファミレスは手軽な価格でランチがとれるので、有難い存在です。チェーン店のカフェは、何かと利用しやすいのが魅力です。飲み物やスゥイーツへのこだわりもあり、変わらぬ人気があります。ハンバーガー店は、忙しい人でもサッと食事ができる場所としての活用に加え、若者には特に人気があります。低価格の商品を売りに、顧客の確保を競っています。回転寿司も低価格が人気で、何処も休日には人が押し寄せている状況と言えます。
一方、チェーン店とは一線を画して人気のある飲食店として最近脚光を浴びているのが、個人経営のお洒落なカフェです。世の中的にも「カフェごはん」と言う言葉があるように、カフェが人気になっています。その魅力は何と言っても、お洒落な雰囲気でしょう。そこに居るだけで、気分がアップする感じです。料理も創意工夫が感じられるものが多く、見た目も美しいお洒落感が魅力です。無農薬野菜にこだわったお店もあり、健康への気遣いも感じられます。街のホットスポットとして今後も人気が続く飲食店と言えるでしょう。
一頃は人気が高かった飲食店として、ラーメン店は筆頭にあがっていましたが、最近は少し落ち着きを見せています。ヘルシー志向が加速しているためか、ラーメンでもあっさり系のものに人気が高くなっています。
その他、焼き肉店、洋食店、和食店、中華店においても、やはりチェーン店の台頭が目立っており、人気を誇っています。飲食店は一般的に経営が難しいと言われており、入れ替わりが激しいのが特徴です。繁盛店でも時代の流れに左右されやすく、特に個人での経営は創意工夫が必須の時代と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ