野外フェスに参加する際の心構え

野外フェスに初めて参加する人は、何を持っていくのか心配したり、イベント会場で何をしたらいいのか不安になる人もいるかもしれません。

まず持ち物についてですが、基本的に飲食物は持っていったほうが良いでしょう。
会場までが遠い場合、車や電車などの交通機関を利用することになりますが、途中で栄養補給をしないといけません。飲み物は自販機さえあれば買えますが、食べ物はコンビニなどがないと買えませんので、持っていくのが無難です。車内で食べられるサンドイッチ、それにおつまみとしてピーナッツやチーズを持っていくと良いでしょう。

次に暑さ・寒さ対策が肝心になります。夏場などで汗を書きそうなときは、タオルや着替えのシャツが必要です。また、夏ですと蚊がブンブン飛んでいて刺される可能性もありますので虫よけスプレーも持参しましょう。人によっては汗の臭いが強いので、制汗スプレーで汗を抑えるのも効果的です。日差しが強すぎると日射病になりますので、荷物に余裕があればパラソルや日除け傘も持って行くことをオススメします。
寒い季節の場合、やはりコートやマフラーは必須です。野外コンサートや野外フェスなどでは人が一箇所に密集しますので気温は少し上がりますが、寒がりの人は防寒対策をしないとせっかくの野外イベントを楽しめなくなってしまいます。ホッカイロを背中に貼ったり、暖かいお茶を水筒に入れて持っていくと何かと重宝します。

気になる野外イベントでの他人との交流ですが、これは性格によるでしょう。外交的な人ならその場であった人と意気投合することも多いと思いますが、内向的な人は難しいかもしれません。ですが、旅恥はかき捨てという諺にあるように、面白そうな人がいる場合は思い切って知らない人に話しかけて見るのも良いでしょう。同じイベントに着ているのですから、同じ趣味を持っていることは間違いないのです。安心して共通の話題で盛り上がることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ