ゆるキャラを起用をしては収入をアップできるケータリングカー

新車のケータリングカーなら、とにかく色々な形状のものがあるから、自分で好きなデザインをサクサクっと選ぶことができるのが魅力的です。新車のケータリングカーなら、ウォルクスワーゲンの軽自動車を改造してこのように販売できる車にしている人もいます。

農家が使うような軽自動車の荷台を改造しては、左右の壁を上に上げては固定しては屋根にできるように改造する人もいます。屋根の上に目立つ看板を上に乗せては、走れるように改造する人もいます。

天井を上げることができる軽自動車は、天井を高くしては通気性を確保できます。白い車に黒いペンキで黒い牛のような模様を描いては、コーヒー牛乳を売っている人もいます。

改造はとっても簡単で、プロに任せれば10万円程度からできます。自分でも簡単に改造してしまう人もおり、ただで改造しては快適にしています。

素敵だなと思うケータリングカーは、100年ほど前にアメリカで走っていたような見た目のレトロな車を改造しては販売できるように工夫をしている人もいます。100年前のデザインだからこそ、より目立ち、お客が集まるのです。

そんな販売できる車には、ゆるキャラを起用するのも良い方法です。ぬいぐるみを着たアルバイトを雇い、横に立ってもらうのです。そうすれば、おのずと人が集まってきます。美味しい匂いに誘われれば、その人達がお客となってくれるのです。

ゆるキャラがダンスをしたり、ハグをすれば、より多くの客が集まります。ちょっとの工夫で、本当に多くのお客を集められ、収入も増えるのが楽しいお仕事ができます。

又、やっぱりちょっとしたテーブルと椅子があった方が、よりお客が増える傾向があります。座れると思えば、やっぱり良いなと思うわけです。

面白いデザインもあり、まるで小屋が建っているように車の壁に家の壁のようなペイントをしているデザインもあります。窓も付いているし、小屋のようなペイントで何だか蕎麦がとっても美味しそうに思えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ