自動販売機で食事を提供するお店

レトロな自動販売機を置いている飲食店が話題になっています。昔は、様々な食事を提供する自動販売機がありましたが、それらをいくつも配置して、自動販売機だけで食事を提供するお店がオープンしたことから、人気になっているとのニュースがあったのです。

例えば、ハンバーガーを購入すると、ハンバーグを瞬間的に加熱して熱々状態でバンズで挟んで自動販売機から出てくるのです。当然のように自販機なので、店内のスタッフとのお金のやりとりは全く発生しないのでメンテナンスフリーで食事を販売することができます。

ただ、このような食事を販売する自動販売機はかなり古いタイプしか残っていないので、ノントラブルで動くことが難しい状況に有るのです。

自販機が食料提供しているとなれば、テレビのバラエティー番組でも話題になることがありますが、昔からそれなりにファンがいることから、自販機で食事ができるという方法はこれからも長く続けて行きたい販売形式となるのです。

しかし、新型の食事を販売する自動販売機が製造されていないことから、おそらく現在稼働しているタイプが故障で動かなくなると、そのまま無くなってしまう飲食店の経営スタイルではないかと考えられています。

長期的な視野で売り上げを伸ばしていくと言うことが大事ですが、昔のレトロ感覚のある自動販売機を置くという発想も悪くないノです。しかし、数年後も同じような形態でお店の運営ができない可能性が高いため、今後は経営方針を転換していく必要があります。

今から飲食店を出店する場合には、長続きしないかもしれない販売形式で挑戦するのはリスクがかなり高いと言えます。ただ、飲食店の営業において最もネックになってくるのは、従業員の給与となってくるので、これを大幅にカットする事ができる自動販売機形式は非常に魅力があります。

話題になっているので、経営的にも黒字が予想されるのですが、同じタイプの飲食店を何店舗も出店できないところがマイナスだと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ